« オレたちバブル入行組 | トップページ | 酔って記憶をなくします »

オレたち花のバブル組

オレたち花のバブル組 文春文庫
池井戸 潤Oretachihananobuble_4

前掲「オレたちバブル入行組」の続編。続編の割には両方題名が似ていてどっちが一冊目だか紛らわしいね。

バブル期に大手行に入社した時には予想もしていなかった社会の変化で、就職先は合併して管理職ポストは激減、そしてありがちな旧行同士の軋轢・・・

そんなある日、主人公のところに突然、大問題の融資先を担当するよう指示が来る。

オーナー経営の老舗リゾートホテルの黒字化を見込んで融資したところ、実は資金運用の失敗で巨額の損失が出ることが発覚した。しかもライバル行はこの資金運用の失敗に気づいていて融資をとりやめたらしい。

このままいくと、金融庁の検査でリゾートホテルは分類先とされ、さらには与信チェック機能を疑われて他の融資についても色々と突っ込まれかねない。巨額の引当金が必要になれば、銀行の経営にも影響が及ぶ。

帯に書かれた『今度の敵は金融庁の「小役人」』っていうキャッチコピーに、思わずニヤリって人もいるんじゃない?

今回も、同窓同期のメンバーがでてくるんだけど、中でも出向先で意地悪をされている近藤氏が気になる。この人、個人的にはホントはこの出向先に骨をうずめる覚悟でもっと活躍して欲しかったな~

最後はやっぱり、胸のすくような、そしてその分リアリティには欠ける、勧善懲悪的な解決をみます。ただ、最後のフレーズは主人公の今後を暗示していて、意味深だね。

|

« オレたちバブル入行組 | トップページ | 酔って記憶をなくします »

ミステリー系読書」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オレたち花のバブル組:

« オレたちバブル入行組 | トップページ | 酔って記憶をなくします »