« 2010年9月 | トップページ | 2011年2月 »

酒にまじわれば

酒にまじわれば 文春文庫 
なぎら 健壱

Syunimajiwareba タイトルは「しゅにまじわれば」って読ませます。

なぎらさん独特の軽妙洒脱な語り口で、お酒にまつわるさまざまなエピソードが連ねられてます。もちろん笑えて、そして時々ちょっとしんみりしたりもするのもまた良いね。

各エピソードは短いんだけど、短い中にさりげない出だしや洒落たオチがあって、まるで良く出来た落語みたいな感じ。

寒い夜、あったかい部屋にこもって、晩酌のお供に楽しみたい本。

おすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酔って記憶をなくします

酔って記憶をなくします 新潮文庫
石原 たきび

Yottekiokuwo 埼玉県在住なのに気がつけば日本海、みたいな、酔っ払いの失敗体験談がてんこ盛り。

乗り越し、忘れ物、意味不明な言動、筋金入りの酔っ払いなら誰しもこの手のエピソードはあるんじゃないかな。

mixiの同名コミュの投稿からよりぬきを集めたとのことだけど、あるある、とか、ありそう、ってのや、ちょっとこれはってのもまざってます。まあ別にウラをとってるわけじゃないだろうから、楽しく読みとばしたい本。

でも、tomoおよびその身近にある実話には、もっと笑える話もいろいろあるような・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

オレたち花のバブル組

オレたち花のバブル組 文春文庫
池井戸 潤Oretachihananobuble_4

前掲「オレたちバブル入行組」の続編。続編の割には両方題名が似ていてどっちが一冊目だか紛らわしいね。

バブル期に大手行に入社した時には予想もしていなかった社会の変化で、就職先は合併して管理職ポストは激減、そしてありがちな旧行同士の軋轢・・・

そんなある日、主人公のところに突然、大問題の融資先を担当するよう指示が来る。

オーナー経営の老舗リゾートホテルの黒字化を見込んで融資したところ、実は資金運用の失敗で巨額の損失が出ることが発覚した。しかもライバル行はこの資金運用の失敗に気づいていて融資をとりやめたらしい。

このままいくと、金融庁の検査でリゾートホテルは分類先とされ、さらには与信チェック機能を疑われて他の融資についても色々と突っ込まれかねない。巨額の引当金が必要になれば、銀行の経営にも影響が及ぶ。

帯に書かれた『今度の敵は金融庁の「小役人」』っていうキャッチコピーに、思わずニヤリって人もいるんじゃない?

今回も、同窓同期のメンバーがでてくるんだけど、中でも出向先で意地悪をされている近藤氏が気になる。この人、個人的にはホントはこの出向先に骨をうずめる覚悟でもっと活躍して欲しかったな~

最後はやっぱり、胸のすくような、そしてその分リアリティには欠ける、勧善懲悪的な解決をみます。ただ、最後のフレーズは主人公の今後を暗示していて、意味深だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オレたちバブル入行組

オレたちバブル入行組 文春文庫
池井戸 潤Oretacibuble

世がバブルに熱狂していた時代、大手金融機関は新卒社員の大量採用に走っていた。就職協定は次第に有名無実化して、内々定学生は他社に流れるのを防ぐために「拘束」された。

そんな時代はもうすっかり遠くなってしまったけど、この本の主人公はまさにそのバブルの時代にメガバンクに新卒で採用された銀行員。

でも時は流れ、護送船団は崩壊し、合併により管理職ポストは激減し-

今は大阪西支店の融資課長となった主人公、成績を上げようとあせるエリート支店長のゴリ押しで融資を通したはずなのに、その融資先が倒産。ところがエリート支店長は人事部出身の人脈を駆使して、無理な融資の責任を押し付けてくる。

このピンチを切り抜けるには、なんとか倒産会社から融資資金を回収するしかないんだけど、社長は愛人と雲がくれして音信不通、さあどうする?!

いかにも性格もアタマも悪そうな(笑)社内監査担当者との対決は、なかなかの見所。
メインストーリーに同窓同期のストーリーが絡み合うところも良い。

それにしてもこのリアリティはただ事じゃないと思ったら、筆者は慶応出身で旧三菱銀行勤務経験があるんだね。

メインストーリー自体は胸のすくような(その分リアリティには欠けるきらいがある)結末をむかえますが、おすすめでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2011年2月 »