« たき火をかこんだがらがらどん | トップページ | 容疑者Xの献身 »

昭和、あの日あの味

昭和、あの日あの味 新潮文庫
月間『望星』編集部編

Showa_anohi_anoaji 月間『望星』(東海教育研究所刊)の連載コラム「あの日・あの味」に書かれた66人の筆者の味の思い出を、時代別に楽しめる本です。

時代別の分類は、以下の5つ。ただし最後の一つは年代は関係ないけど、まあ最近の話だよね。あなたがシンパシーを感じるのは、どのあたりの分類かな。

「食うこと」が大変な時代があった
 --戦前・戦中の記憶から(昭和元年~20年)

復興を支えたそれぞれの食事情
 --敗戦後の困難の中で(昭和20年~30年)

「生活」が変わったあの時期に・・・・・・
 --高度経済成長前後を挟んで(昭和30年~40年)

豊かな国の「表」と「裏」で
 --「食うには困らぬ時代」だったが(昭和40年~64年)

忘れられない”異文化の味”
 --食の世界の広がりを知って

|

« たき火をかこんだがらがらどん | トップページ | 容疑者Xの献身 »

飲食系読書」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和、あの日あの味:

« たき火をかこんだがらがらどん | トップページ | 容疑者Xの献身 »