« 窓際OL 人事考課でガケっぷち | トップページ | 昭和、あの日あの味 »

たき火をかこんだがらがらどん

たき火をかこんだがらがらどん 小学館文庫
椎名 誠

Takibiwokakonda ばか旅作家を自称し、さまざまなやんちゃを楽しむ椎名誠さん。でも、ある種、人生の次のステップに入ったことを思わせる一冊。

この本はエッセイ集だけど、特定の週刊誌なんかの連載をまとめたシリーズ物ではなくて、これまで書いたままで放置して本に収録していなかったエッセイの中から、著者が見直して「予選を突破して最終選考に残った」ものをまとめた一冊です。それだけに、長さやテーマもバラエティに富んでるけど、なかなか読んでて楽しいものばかり。

でも、そもそも過去に書き散らしたエッセイを見直したりするあたり、やっぱり人生の次のステップ感が漂う気がする。

tomoがとりわけグッときたのは、前文の書き出し部分。

『二人の子供が小さかったとき、武蔵野に住んでいた。ぼくも妻も三十歳とすこしのしんまいの親で(中略)、慣れない男親のぼくが小さな女の子と意識を通じ合える手っ取り早い方法に絵本を読んであげる、というのがあるということを発見した。下の男の子が絵本がわかってくるようになると二人いっぺんに相手ができる。
 いろんな絵本を読んだが三歳違いの姉弟が共通して喜ぶのが北欧民話を題材にしたマーシャ・ブラウンの「三匹のやぎのがらがらどん」であった』

これは、「三匹のやぎのがらがらどん」からこのエッセイ集のタイトルをもらったっていうことの説明だね。

椎名誠ファンならご承知の通り、サラリーマンをやめて作家(=自由業)になった椎名誠は、外で働く妻に代わって子育てのプライマリーな担い手としてがんばってた時代があるんだよね。その集大成は「岳物語」を読んでほしい。

もうちょっと引用を続けます。

『当時は家のすぐ近くに武蔵野の雑木林や空き地があってそこで安全に自由に遊ばせることができた。秋の枯葉が多いときは焚き火を作って二人の子供に枯れ葉集めの手伝いをさせたりした。
 いま思えば夢のようないい時代だった。
 二人の子供に同時に本を読んであげて、二人の子供と一緒に焚き火ができたのは、その時代のその時だけであったのだ。
 いま、二人の子供は大人になって、それぞれニューヨークとサンフランシスコで自分の生活をしている。武蔵野の家はもうないし、空き地だってない。もしかするとあの雑木林もなくなってしまったかもしれない。
 焚き火をしているその瞬間は、まさかこれが親子で焚き火をする最後のものだとは思わなかったが、人生の出来事なんておおかたそんなことが多いのだな、と漸くいまこの年齢になって気がついてきたのだ。』

tomoの周囲には、今まさに子育て真っ最中の人もいれば、すでに子離れの時代の人もいるけど、そのどちらにもなんだかしっくり心にしみる前文じゃないかと思うけど、どうでしょうか♪

|

« 窓際OL 人事考課でガケっぷち | トップページ | 昭和、あの日あの味 »

エッセイ系読書」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たき火をかこんだがらがらどん:

« 窓際OL 人事考課でガケっぷち | トップページ | 昭和、あの日あの味 »