« 思考の補助線 | トップページ | 徳川慶喜家の食卓 »

世界ぐるっと朝食紀行

世界ぐるっと朝食紀行 新潮文庫
西川 治
51t4y8agltl_ss500_ 5/3読了♪

元々写真家で、文筆業や料理研究もこなす筆者が、世界各地への撮影旅行の時に食べたいろんな朝食について、写真をまじえて解説してくれます。喧騒の市場で食べる朝食、パリの安宿の部屋でベッドで食べる朝食、タイて僧侶と食べる寄進された食べ物での朝食、アメリカの食堂での朝食等々。
ベトナムコーヒーを淹れるためのアルミの器具に興味津々、最近時たまランチにフォーを食べるお店で粉っぽくってグラスの底に練乳が入ってるベトナムコーヒー、こんなのを使ったら本格的に作れるのかな。

日本で食べる朝粥の朝食についての話も一つのアクセントだよ。

|

« 思考の補助線 | トップページ | 徳川慶喜家の食卓 »

飲食系読書」カテゴリの記事

コメント

hiromiさん、はじめまして。
レスが超遅くてすみません。玉村豊男さん、良いですよね。ロンドンとパリの旅の雑学ノートは、本当に最高傑作だと思います。
いつかヴィラデストのカフェにゴハン食べに行きたいなっていうのが、目下の夢です。

投稿: tomo | 2009年3月14日 (土) 14時00分

tomoさん

はじめまして。
玉村豊男さんの大ファンなのですが、その関連からこのページにやってきました。この本も持ってます。何か私の本の趣味と同じなのでつい嬉しくなってコメントしてます。

ロンドン旅の雑学ノート、パリ旅の雑学ノートは私のバイブルで、あれを読んで旅行しました。

投稿: hiromi | 2009年1月28日 (水) 21時28分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界ぐるっと朝食紀行:

« 思考の補助線 | トップページ | 徳川慶喜家の食卓 »