« パンの耳のまるかじり | トップページ | ツチヤの口車 »

MASTER OF THE GAME

MASTER OF THE GAME (WARNER BOOKS)
Sidney Sheldon

51j4dv426fl_bo2204203200_pisitbdp50 2/23読了♪
三ヶ月以上かけて、やっと読み終わった。英語ボキャブラリー向上を目指してなるべく洋書を読むキャンペーンを個人的に実施中なんだけど、この本はなんだかしっくりいかなくて時間がかかりました。

日本では、オーソンウェールズさんの朗読による英語教材になってることでも有名なこの本、邦題は「ゲームの達人」。

ネットなんかのコメントを見ると、読みやすいって書いてる人が多いから甘くみてたんだけど、ストーリーが(tomoには)イライラさせられた、一言で言えば三世代にわたるアメリカ的メロドラマ。

巨大財閥を率いる女性が主人公だけど、物語はその父の代からはじまる。一攫千金を夢見てスコットランドからはるばる南アフリカにやってきた若者、苦労の末にダイヤモンドを掘り当てたんだけれど騙されて殺されかけ・・・

略奪、復讐、愛、死、戦争、裏切り、肉親との愛憎・・・ハラハラドキドキドロドロの連続で、こういうのを好む人にはきっととっても面白いんだと思います。

ところで、先日上司と読書について話す機会があったけど、tomoの上司はフィクションはほとんど読まない、読む場合は最初に結末を読んでから読み始めるって言ってました。なんとなく、ちょっぴり親近感を覚えたな。

|

« パンの耳のまるかじり | トップページ | ツチヤの口車 »

ミステリー系読書」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MASTER OF THE GAME:

« パンの耳のまるかじり | トップページ | ツチヤの口車 »